風邪を薬なしで早く治す、実際やって効果がある方法!

風邪のシーズンになりました。
普通は、インフルエンザの予防接種をして、風邪を引けば風邪薬を飲むと思いますが、
自分は予防接種はしたことは一度もありません。風邪薬も一度も飲んだことがありません。

たまに風邪は引くのですが、風邪薬も使わないで早く治す方法で、いつも治しています。
是非あなたも試してみてください。

風邪薬は飲まない

私は、風邪薬をいまだかつて飲んだことがありません。

なぜって、効果がないから。
かえって逆効果だから。

え~って思う人がいるかもしれません。

まず、風邪のときに処方される抗生物質。
これは細菌には有効ですが、風邪の原因はほとんどウィルスなので、
ウイルスには抗生物質は効きません。

しょっちゅう抗生物質を飲んでいると、耐性菌ができるから、
細菌感染のいざというときに、抗生物質も効かなくなるから注意です。

あと、のど痛や鼻水ででる薬は、炎症を抑える抗炎症物質が入っている。

「炎症って悪いもの」って、ほとんどの人が思いこんでいますが、
「炎症は、風邪を治そうとしている免疫反応」で、いいものです。

のど痛も、咳も、鼻水も、下痢したり、風邪の症状はすべて風邪を治そうとしている
からだの反応!

なので、それを薬で押さえ込んでしまうと、治りが悪くなります。

熱があるときの解熱剤、これも免疫力下がって治りが遅くなります。
そもそも熱がでるのは、体温を上げて免疫力を上げて早く治そうとしている
からだの反応です。

風邪で風邪薬を飲むのは、確実に治りを遅くしますので、注意です。

風邪薬で治ったと思っている人は、完全な誤解です。
風邪薬の免疫反応への妨害を乗り越えて、自分の免疫力が風邪を治した。
というのが、正しい理解です。

風邪のとき私は、
「鼻水がでるときは、どんどん出します。」
「咳がでるときは、どんどん出します。」
「お腹を下しているとは、どんどん下します。」

とにかく、風邪を治す薬はありません。

風邪薬は症状緩和だけで、治癒反応を妨害するのでかえって治りを遅くします。
風邪を早く治したい場合は、まず風邪薬を飲まないことです。

からだを冷やさない

先に書いたように、風邪で熱がでるのは、免疫力を上げて治そうとしています
からだを冷やすのは、逆効果です。

風邪のときのお風呂ですが、体力的に問題なければ入浴してからだを温めた方が
免疫力を上げますので、効果的です。
ただし、湯冷めでからだを冷やさないように注意です。

水分補給

風邪のときは、鼻水とか咳とか、汗とか、下痢で水分が不足するので、水分を十分に補給します。このとき、冷たい水分はからだを冷やすので避けてくださいね。
常温か温かい温度で水分補給をしてください。ビタミンCが入っているとよけいいいですね。

以前、風邪はからだを温めた方がいいと思って、熱燗の日本酒を飲んだことがありましたが、アルコールは脱水を促進し、アルコール分解にエネルギーが使われるので、
風邪を早く治すには逆効果でした。

食事はタンパク質を良く摂る

食欲がないときは、からだの要求に従って無理に食べない方がいいです。
無理に食べると、消化吸収にエネルギーを取られて、治癒が遅くなります。
食欲があって食べられるときは、ウィルスにやられた細胞修復と免疫細胞に必要な
タンパク質を良く摂るといいです。

風邪のときは、よく消化にいいおかゆとか言われていますが、うそです。
なぜなら、飲み過ぎて嘔吐したときに、残っているのは、肉や魚ではなくて、ご飯粒やラーメンや野菜でした。

ご飯や野菜は消化が悪いでし、細胞の原料にはならないので、風邪のときは卵や肉を食べましょう。

からだを良く温めて寝る

私は風邪のときは、使い捨てカイロを、肩甲骨の間や腰に貼って、ヒートテックの下着を着て、からだが熱いくらいで、良く汗をかきながら、十分に睡眠時間を取ります。

肩甲骨間を温めるのは、東洋医学では、風邪の邪気は背中の風門というツボから入ってくると考えていることからきていますが、実際その付近を温めると、風邪の治りはいいです。

咳が多いときも、背中を温めると楽になります。

結構汗をかきますので(汗をしっかりかいた方が早く治りますが)、脱水症状にならないように、水分補給はしっかり行ってくださいね。)

熱があっても、さらにからだを温めることで、免疫力アップに協力し、早く風邪ウイルスを撲滅することを促進します。

私の場合、汗をよくかいて、睡眠時間が十分にとれれば、だいたい一晩で風邪は治ります。

まとめ

風邪の症状は、風邪のウィルスが引き起こしているわけでなく、ウィルスをやっつけようとして、自分のからだが起こしている反応だと理解してください。

発熱は免疫力を上げるため、咳や鼻水はウィルスを体外に出そうとしている反応。

早く風邪を治すためには、風邪薬でそれらの反応をじゃましないこと。
からだを良く温めて、免疫力アップに協力すること。

要するに、風邪を引いたときは、からだの反応に協力してあげること。
それが、風邪を早く治すこつです。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク