長年の便秘が解消した寝ながらできるマッサージ方法とは!

便秘で困っているあなたへ。
長年の便秘で困っていて、長年すぎて、今はおばあちゃんになってしまいましたが、
そのおばあちゃんが、「この体操をしたら便秘が良くなったんだよ。」と言っていた。
その体操。寝ながらできるお腹のマッサージ方法のようですが、その方法を紹介します。

☆なぜ便秘になるか?

このおばあちゃん(80代)は、ある雑誌で便秘解消の体操を読んだようです。

それによると、まずなんで便秘になるかというと、原因は色々ありますが、
腸内のガスが問題。
運動不足とか加齢で腸の蠕動運動(芋虫のようなもこもことした動き)が悪くなると、
腸内に発生したガスがたまります。

ガスが溜まると、よけいに腸の蠕動運動が悪くなるので、
このガスを抜くことが、便秘の解消に有効だということです。

☆腸のガス抜きの方法

この腸のガス抜き方法が、寝転んで行うお腹のマッサージです。

(1)お腹のマッサージ1

・うつぶせになって、たたんで厚みをつけたタオルをお腹の下にしく。
・その姿勢で、5~10分間、静かに腹式呼吸をする。
・お腹がふくらんだり、へこんだりすることを感じながら行う。

(2)お腹のマッサージ2

・うつぶせで、タオルをお腹の下にしいた姿勢で、膝から下を立てる。
(直角ぐらいに曲げる。)
・膝から下を、左右にゆっくり気持ちいい範囲で動かす。
・そのときに、お腹の下にしいたタオルで腹部がマッサージされるのを感じる。
・数分間。

☆寝ながらできる腹部マッサージの効果

このおばあちゃん、便秘になると便秘薬を飲んで出していたそうですが、
薬を使うと、自分の腸の動きがますますダメになると気づいて、
この腹部マッサージの体操を始めたそうです。
一週間ぐらいで効果がでてきて、今は1か月以上経ちますが、
便秘薬は必要なくなったと喜んでいました。

寝ながら簡単にできる方法なので、 便秘のあなた是非試してみてください。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク