中咽頭がんで、放射線治療の副作用が早く回復・軽減できた方法

1.現代医療と自然療法

中咽頭がんというと、忌野清志郎さんが中咽頭がんで58歳で亡くなっています。

最近では、 坂本龍一さんが中咽頭がんで治療をされ、現在復活していますね。

日本の場合、がんと診断されると、現代医療のいわゆる手術・放射線・抗ガン剤の3大療法が標準的に行われます。

しかし、欧米の医療では、現代医学ではない「自然療法」が社会的に重要な治療として
認知されていて、がんの場合でも、自然療法が選ばれることが少なくないようです。

自然療法というと、鍼灸・指圧・あんま・カイロプラクティック・整体・漢方・
アロマセラピー・食事療法などがあります。

イギリスで治療院を開業して漢方や鍼灸などの「自然療法」を行っている日本人の知人がいます。

彼は、元々は東北大学医学部で医者を目指していましたが、在学中に父親が肺がんになり、そのときの現代医学に対する不信感と医学界の状況に嫌気をさし、周囲の反対を押し切って国家試験の直前に医学部を退学しました。

その後、イギリスに渡って、苦労しながら鍼灸と漢方の資格を取って、自然療法で開業しているという、異色の治療師です。

彼の話によると、イギリスでは東洋医学への関心が高く、がんになった場合、富裕層ほど現代医学の治療を受けずに、自然療法の治療を受けるそうです。

富裕層ほど、経済的なこともあると思いますが、現代医学の限界や問題点を認識しているということでしょうか。

日本では、自然療法に対する認識は低く、がんになった場合、まずは現代医療の治療を受けると思います。

しかし、がんの手術や、放射線、抗ガン剤治療では、色々副作用や後遺症で困ることも少なくありません。

私は、医師ではありませんが、30年近く自然療法に携わって、がんの患者さんで、抗ガン剤や放射線の副作用で困っている方を、自然療法で多数改善させている経験があります。

私たちが行っている自然療法は、「光線療法」という太陽光線に近い人工光線を、
からだに照射して治療を行うものです。

詳しくは、別記事を参照してください。→ 「光線療法」とは

光線療法という自然療法を、是非現代医療の副作用の軽減に役立ててほしいと思います。

2.中咽頭がんの放射線治療の副作用の軽減

出典:http://www.gan-info.com/314.html

今回は、中咽頭がんで放射線治療を受けて、その副作用の改善・軽減に

自然療法の「光線治療」が役立った症例を紹介します。

60歳の男性です。
飲み込みが悪くなって、検査したところ中咽頭がんが見つかりました。

「手術すると、体力的負担が大きく、からだが弱る」と言われて
放射線治療を選択し、2ヶ月間平日は毎日放射線治療を受けました。

放射線治療により、幸いがんは縮小し、飲み込みも良くなりました。

しかし、
放射線で首筋からほほの皮膚が赤くただれて痛み、
ほほの内側もただれて痛み、
味覚はほとんどわからず、
唾液も出にくくなり、
たいへん困っていました。

病院の方では、それらに特に治療はありません。

そこで、「我々の光線療法」を先に使っていた奥様に勧められて始めました。

放射線治療による皮膚のただれは、一種のやけど状態です。
皮膚の新陳代謝を良くしてあげることが、回復を促進します。

光線療法では、皮膚への血流をたいへん良くし、皮膚の再生を促進します。
また、痛みの軽減にも役立ちます。

味覚に関係する細胞の回復を促進したり、

唾液腺を刺激して、唾液の分泌も促進します。
この方は、自宅に光線治療器を持っていたので、
自宅で、自分で毎日治療を続けました。

そうしたところ、3カ月ほどで皮膚のただれや味覚障害が改善し、
唾液の分泌も良くなってきました。

放射線治療の副作用が、とても早く回復、軽減しました。

現在、発症から15年が経ちますが、再発はありません。

がんの放射線治療の副作用の軽減・回復に是非、「光線療法」を役立ててください。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク