前立腺ガンの予防や進行を抑えるには、ビタミンDや日光浴がいい

「前立腺ガン」、男性は中高年になったら心配しないといけません。
自分のお父さんのことも、50歳過ぎたら注意してあげないといけませんよ。
僕の働いてる診療所にも、毎日のように前立腺ガンの人が受診しますが、
年々増えている感じです。

なかなか、原因も予防法もわかっていませんが、
わかっている情報があるので、紹介しますね。

1.前立腺ガンの罹患数

欧米では、前立腺ガンの増加は日本より深刻です。
日本でも、今後、高齢化社会が進むと、ますます深刻でしょうね。

%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%81%ae%e6%8e%a8%e7%a7%bb

前立腺ガンって、急速に増えているんですね。
1975年には、たった2,000人程度だったというのも驚きですが、
2000年には約23,000人、2006年には約42,000人、
2020年には78,000人以上と予測されて、
肺がんに次いで第2位になると予測されている。

前立腺ガンの発生原因はよくわかっていないので、
予防といっても、なかなかわからない現状なんですが。

2.前立腺ガンの予防や進行抑制に関わる情報

そんな中
前立腺ガンの予防に役立つような論文があるので、紹介します。

(論文1)
アメリカのガン研究所での、白人男性で、
住んでいる地域の紫外線量と前立腺ガンの
死亡率の関係を調べたものです。
統計的に処理したものが次の図です。

%e5%89%8d%e7%ab%8b%e8%85%ba%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%81%a8%e6%ad%bb%e4%ba%a1%e7%8e%87 %e5%89%8d%e7%ab%8b%e8%85%ba%e3%82%ac%e3%83%b3%ef%bc%92

紫外線量と前立腺ガン死亡率は、逆相関で、
つまり、紫外線量が多い方が死亡率は少なく、
    紫外線量が少ない方が死亡率が高い。
という結果がでています。

これは、

紫外線によって、血中のビタミンD濃度が
高くなることで、前立腺ガンの進行が抑えられ、
死亡率が下がったと考えられています。

(論文2)
アメリカのフェルドマン博士らが、
ビタミンDと前立腺ガンの関係を調べました。
ビタミンDが前立腺に作用するためには、
前立腺の組織に、ビタミンDを受け入れる
受容体が必要ですが、フェルドマン博士らは、
   前立腺組織のビタミンD受容体の存在を証明しました。

次に、
前立腺ガン細胞を試験管内で培養し、
ビタミンDを加えるとどうなるか検討しました。
その結果、
 

ビタミンDによって
前立腺ガンの増殖が抑制されることを確認された。

また、

ガン細胞が正常細胞に戻っていく作用も
認められたとのことです。

◎まとめ
 血中のビタミンD濃度を高めておくことで、
 前立腺ガンの予防や進行抑制につながる可能性がある。
ということです。

ビタミンDは、紫外線(UVB)を浴びることで、
皮膚で作られます。
日頃、屋内にいることが多い男性は特に、

「できるだけ、日光を良く浴びるようにする」

と良いでしょう。

また、ビタミンDは魚に多く含まれるので、

「日頃魚をよく食べるようにする」

と良いでしょう。

前立腺ガンになって、ホルモン治療をすると
骨が弱くなるので、
その改善にも、日光によくあたったり、
ビタミンD、カルシウムの多い食材を
良く摂ることが大切ですね。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク