夏場、エアコンをつけっぱなしにした方が電気代が安い!ってホント?

夏のエアコン、電気代がとても気になります。

感覚的には、エアコンをまめに消した方が、

電気を使う時間が減るので電気代が安くなるような気がします。

でも実は、一日中つけっぱなしの方が、電気代が安い、
って聞いたらホント?って知りたくなりますよね。

夏場のエアコンの電気代は、

つけっぱなしか、まめに消した方が安いかを解説します。




エアコンの電気代の計算方法は?

エアコンつけっぱなしの方が電気代が安くなるのは”ホント”です。

では、なぜそうなのかを説明する前に、
エアコンの電気代の計算です

これはエアコンに限らず、次の計算で簡単にできます。

消費電力(kW)× 使用時間(時間)× 自宅の電気代単価=1日の電気代

例えば、コロナの8畳用エアコンRC-2216Rで計算すると。

メーカー説明書では、消費電力が「595W」と書いてあります。

WをkWに治すと、「0.595kW」になります。

自宅の電気代単価は、電力会社や電気使用プランで変わってきますが、
一般的な1時間あたりの単価28円とします。

1日に10時間エアコンを使うとすると、電気代は、

0.595kW × 10時間 × 28円 = 166.6円

1か月だと、

166.6×30 =4998

約5000円

ちょっと高いですね。

エアコン2台、3台となれば、さらに2倍、3倍になります。

「電気代、あ~おそろしい!」

なので、暑いのちょっと我慢して、

マメにエアコンを消した方が、

使用時間が短くなるので、電気代が安くなる

と思ってしまいますが・・・

でも、ちょっと待ってください。

エアコン2台を1か月フル稼働させた結果!

TwitterユーザーのVISUMAL中村氏が

エアコン2台を27~28度設定で、

1ヶ月間フル稼働させてみたそうです。

その結果がコチラ!

1か月の消費電力量:353kw
     電気代  :9690円

ちなみに、エアコンをこまめに消してた夏は、電気代は2万円超えてたとの事。

エアコンまめに消すより

「つけっぱなし(それも1か月間)の方が電気代が安い!?」

他にも、エアコンつけっぱなしを試したユーザーの声

◆うちも付けっ放しを常にしてたら電気料金が下がりました。

 朝の5時くらいからつけてましたが、意外でした

◆私も恐れながらも27〜28度でつけっぱにして、例年の半額でした!

 動物を飼ってるので本当に助かりました!\(^o^)/

これはいったいどういうことでしょう?

エアコンつけっぱなしの方が電気代が安いわけ

実は、エアコンの消費電力って、ずーっと同じではなくて、

変動するということです。

エアコンは、室温と設定温度の温度差が大きいほど運転負荷がかかって、

電力を消費します。

しかし、つけっぱなしで、室内を同じ温度で保ち続けた場合は、

運転負荷が少ないので、

電力消費量が少なくて済みます。

まめにエアコンを消していると、

再稼働したときに、

室温と設定温度の差が大きくなっているので、

そのときに、電力を消費するわけです。

なので、VISUMAL中村氏の実験のように、

エアコンを1ヶ月間つけっぱなしにした方が、

電気代が安かったというわけです。

◆自分のうちのエアコンの消費電力をモニターしていたユーザーさんによると

   エアコンつけっぱなしだと、消費電力は多くても350wくらい

   エアコンを消してしばらくして再稼働させると、

   消費電力は1200wで4時間くらい動いてた

との証言。

部屋の気密性とか、日当りとか、

部屋の条件で消費電力は変わってくるので、

エアコンつけっぱなっしが、必ずしも電気代が半額になるとは限りませんが、

エアコンのON,OFFを繰り返して、無駄な電力は使わないので、

電気代は安くなります。

さらに、電気代を安くする方法

エアコンを使う時、さらに色々工夫をすることで、

消費電力が上がらないようにして、

電気代を節約する方法があります。

①フィルターをこまめに掃除する

これはエアコン省エネの基本中の基本ですが、

なかなかできないですよね。

私も、とても気合いが入ったときしかフィルターそうじ

できないですが、たまりにたまったフィルターのごみを吸うときは

ちょっと快感です。

②設定温度を下げる代わりに「風量」を上げる

部屋の中に風が発生すると、体感温度が下がります。

設定温度を下げて消費電力を使うより、

風量を上げる方が消費電力を節約できます。

③室外機のまわりにモノを置かない

これはうっかりするとやりがちです。

エアコンの室外機の周りの温度が高くなると、排熱がうまくできず、

冷房効率が悪くなって電力をたくさん消費します。

室外機のまわりには物を置かないで、風通しをよくしておきましょう。

また日中、室外機が熱くならないように

すだれなどで陰を作ったり、

室外機の周りに水をまいたりするのもありです。

④サーキュレーターか扇風機を併用

サーキュレーターか扇風機を併用して、

部屋の中にエアコンの冷気を隅々まで行き渡らせると、

冷房効率が上がり、

消費電力を減らし、電気代の節約になります。

⑤エアコンは自動運転にする

最近のエアコンは非常に賢くなっているので、

自動運転にしておくと、

部屋の温度に応じて最適な運転をしてくれるので、

消費電力を節約した効率いい作動をしてくれます。

エアコンつけっぱなしが節電にならないケース

エアコンを1日中つけっぱなしにした方が、電気代が安くなる

と説明しましたが、

そうとは限らないケースがあるので注意してください。

それは、

◆生活スタイルの問題

一日中家にいる人は、つけっぱなしの方がいいですが、

家にいることが少ない生活スタイルの場合。

・極端な話、朝早く出勤して、日中は仕事で会社、夜遅く帰宅、
家では寝るだけ、

こんな人は、エアコンをつけっぱなしにするメリットはないですね。

◆古いエアコン

ダイキン工業のはなしによると、

エアコンの省エネ性能は

この10年間で40%以上も良くなっているとのことです。

なので、

10年以上経つような

古いエアコンを使っている場合、

つけっぱなしの電気代うんぬんより、

エアコンを買い換えた方が節約になると思います。

あとがき

夏場のエアコンの電気代は、

室温の温度変化が少ないように

つけっぱなしにした方が、

消費電力が抑えられて、電気代がかからない

ということを念頭に置けば、

まめに消したり、つけたりしなくても電気代の節約になる

ということがわかります。

さすがに、1か月つけっぱなしにはしなくてもいいと思いますが、

エアコンの消費電力がかかる原理を理解して、

上手に電気代を節約されてください。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク