足指骨折後の、足の腫れの効果的な改善方法

60歳ぐらいのおばさんの話です。
自宅で、
柱に右足の小指を引っかけて、痛めました

あ、それ痛いですよね。
良くやりがちです。

脳の空間認識力と
実際のからだの動きが
うまく連動しなくなって起こるようです。

加齢とともに、起こりやすくなってくるので、
注意しないといけません。

そのおばさんですが、
打撲だけかと思っていたのに、
治り悪いので一週間後病院に行ったら、
足の小指を骨折していたそうです。

すぐにテーピングで固定して、安静を言われました。

それから2ヶ月間、
できるだけ歩かないように、
どうしても歩かなくていけないときは
右足指に体重掛けないように、
右足踵で歩いていたそうです。

2ヶ月後、骨折は治っていましたが、
右足甲から右足首の腫れが引かず、
熱をもっていて、
毎晩、氷で冷やしていたそうですが、

良くならず、

さらに、痛めた右足には、湿疹がでてきたり、
水虫もでてきたそうで、
とっても不安になって、私どもの診療所に相談に来ました。

痛めた足、
確かに腫れていて赤っぽくなっていました。

で、右足首の動きがとっても悪くなっていました。
右足の指も、全然曲げることができません。

2ヶ月もまともとに歩いていなかったので、
当然、足首も足の指も動きが悪くなるはずです。

足指骨折後、
足首や足指の関節をよく動かしていないと
血液やリンパの流れが悪くなり、
当然、足はうっ血した状態で腫れます。

これを治すのは、冷やしたり、
抗生物質を使うことではなく、
足首や足指の関節を良く動かして、
(骨折が治っていない間は、足指は動かせませんが・・)
血液やリンパの流れを良くすることです。

冷やすと、かえって血行が悪くなり
治りが悪くなります。

良く温めることも有効です。

さっそく、
足首を回したり、
足指を動かすようにしてもらったら、
すぐ、腫れや熱感が引いてくるのがわかりました。
また、氷で冷やさないように、
お風呂で良く温めるようにしてもらいました。

これから、どんどん良くなってくると思います。

なお、足首を動かすときは、
片方の手指で、足首の関節の両くるぶしを押さえるようにして、
足を回すと、良く回ります。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク