お中元は、いつ頃からいつ頃まで送ったらいいの?地域によっても違うので説明します!

お中元の季節、日頃お世話になっている人に贈らなくては!と思いますが、お中元って、
そもそも、「いつ頃贈るのが正しいのか」なって思いました。

調べてみると、お中元を贈る期間はやはり決まっているようですが、日本の地域によって、その期間が違うことがわかりました。

遠方にお中元を贈るような場合、お中元を贈る期間がいつごろなのか参考にしてください。




お中元の時期は地域で違う

お中元は、その年の6月までの感謝の気持ちを7月に贈るというのが通常なのですが、お中元を送る時期は、実は地方によって多少違っていました。

【北海道】7月中旬~8月15日まで

北海道は、旧盆の7月中旬~8月15日にお中元を贈るのが一般的のようです。

1か月あるので、余裕がありますね。

でも、他の地方からのお中元は、7月に早めに届いたりしているようで、
北海道でも、お中元の時期は徐々に早まっているようです。

【東北・関東】7月初旬~7月15日まで

東北と関東の東日本は、一般的に7月初旬から7月15日までがお中元の期間です。

あまり期間がないので、早めの手配が必要ですね。

うっかり7月15日を過ぎてしまった場合は、表書きを変えて贈ればいいです。

立秋(8月8日頃)までは「暑中お見舞い」「暑中お伺い」、

さらにそれを過ぎて9月までは「残暑お見舞い」「残暑お伺い」となります。

関東・東北では、お中元の期間が短いのと、お中元が集中するのが迷惑では
と考える人もいて、6月中に贈り始める人も増えているようです。

【北陸】地区によって7月と8月に分かれる

北陸の場合は、地域によって
関東・東北と同じ、7月初旬~7月15日の贈る地区と、
北海道と同じく7月15日~8月15日に贈る地区に分かれるようです。

だいたいは関東・東北と同じようですが、北陸にお中元を贈る場合は、
その地区のお中元の時期を確認した方がよいでしょう。

【東海・関西・中国・四国】7月中旬~8月15日まで

東海・関西・中国・四国の西日本のお中元は、7月中旬~8月15日までが一般的で、
約1か月あります。

お中元は、おおざっぱに言うと、

関東や東日本は、7月上旬の半月、

関西や西日本は、7月中旬から約1か月。

と覚えておけばいいですね。

最近は、関西や西日本でも、関東の影響を受けて、お中元の時期は早くなってるみたいです。

お中元とお歳暮で人気の品物

お中元は夏の暑い時期で、毎年猛暑が続く中での贈り物なので、人気の品物はビールや清涼飲料水。おいしい水、ミネラルウオーターなども人気です。

また、そうめんやうどんなど、麺類は定番ですね。
スイカやメロン、マンゴーなどのフルーツも人気です。

心に残る贈り物にするためには

お中元って何を贈ったらいいのかも、いつも困ります。

相手の好むものがベストですが、
まず、相手の好まないものは贈らないようにしないといけないですね。

実はお酒が飲めない人だったのに、ビールを贈ったとか
コーヒーを好まない人に、コーヒーを送ったとか、

毎年、ワンパターンなお中元を贈っていたけど、
実は苦手なものだった

なんて最悪ですね。

お中元を贈る人の、事前の情報収集が大事だなと思っています。

本来、中元とはなに?

お中元の中元って、あらためて、何のこと?って調べてみたら、

中国の三大宗教の一つである道教で、7月15日を『中元』と呼んでたそうで、
その日を神様の誕生日として、供物を捧げてあがめる行事があったということ。

そのあと仏教と道教が結びついて、中元の時期に先祖の霊を供養するようになり
江戸時代には、お盆の時期の先祖供養とともに、商い先やお世話になった方に
贈り物を渡すようになり、それをお中元と呼んだのが始まり

ということでした。

まとめ

お中元は、地域によって多少贈る時期が違うので、注意は必要です。
関東・東日本では、7月上旬に
関西・西日本でも、7月中に贈るといいかなと思います。

あと、贈っておけばいいだけでなく、
相手の好むものを贈るということ。

今まであまり気にしてなかったですが、事前の相手の好みの情報収集が
できれば、やっておいた方がいいと思っています。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク