肩や背中のこり、ウエスト引き締めに、簡単で、たいへん効果的なストレッチ方法

肩や背中のこりにたいへん効く
からだをねじるストレッチの話です。

ラジオ体操のように、手を使ってからだをねじると、
かなり気合いをこめてやらないと、
主にからだのまわりに手を回しているだけで、
体幹部があまりねじられていない
非常にだらけたストレッチになってしまいますよね。

じゃあ、手を使わないでからだをねじってみたら
とやってみると、なんだか頼りない感じです。

そこで、以前話しました「骨ストレッチ」です。

このストレッチ、
からだをねじる場合でも、手を使うんですが、
手はストレッチされず、
しっかり体幹がストレッチされます。
しかも、無理なくものすごくストレッチされます。

最初このやり方を教わったときは、
しびれました。
こんなやり方があるんだと。
しかもものすごく効く。

で、そのやり方ですが、

骨ストレッチの基本の
①手足という末端部の動きを制限する。
②骨格を意識して動かす。
③親指と小指を使う。
がはいっています。

具体的な方法です。

◆鎖骨ひねり骨ストレッチ

→軽く足を開いて立ちます。

左右それぞれ手の親指と小指で、
 左右それぞれの鎖骨をはさむように
 持ちます。他の指は軽く添えてもらえば
 いいです。
(日頃、鎖骨をつかむ動作なんてやることがなかったと思いますので、
ちょっと新感覚ですが・・)

%e9%8e%96%e9%aa%a8%e3%81%af%e3%81%95%e3%81%bf
足を動かさないで、
 できるだけ正面を向いたまま
 鎖骨を持ったまま、からだを大きく左右にねじります。
%e9%8e%96%e9%aa%a8%e3%81%ad%e3%81%98%e3%82%8a

→左右7回程度行います。

どうですか、肩甲骨、ウエスト、腰、骨盤
よく動くのがわかりませんか。

手をからだにくっつけただけで
ねじってもある程度の効果がありますが、

親指と小指で鎖骨を持つ、
というのが、骨ストレッチのミソです。

そのことで、効果が倍増します。

このストレッチ、いすにすわったままでやってもいいので、
座り仕事の方は、すわったままでやってみてください。

親指と小指で骨を持つことで、
体内の気の流れか生体エネルギーのようなものが、
良くなるんでしょうね。

このストレッチで、
肩や背中、腰付近の凝りが解消されるだけでなく、
ウエストがよく動くので、
ウエストの引き締め効果もあり、
上半身がすっきりしてきます。

ふだんあまり意識することのない、
鎖骨・肩甲骨・背骨・骨盤が連動して動くようになるので、
日常のからだの動きもスムーズになります。

また、鎖骨って、日頃あまり意識しませんが、
日常の動きで、
よけいな力を抜いて
鎖骨から動くようにしてみると、
すばやい動きができるようになるので、
自分でも驚きます。

日頃、この鎖骨ひねり骨ストレッチと鎖骨からの動き
是非、試してみてください。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク