やってはいけないストレッチと、効果的なストレッチ!

筋肉を伸ばすストレッチですが、
世の中には、あまたのストレッチの方法があります。

良く行われているストレッチには、いろいろ問題点を感じています。

今回は、やってはいけないストレッチと効果的ストレッチを解説します。

スポンサー

1.従来のストレッチの問題点

(1)静的ストレッチ

一般的ストレッチは、伸ばしたい筋肉のみに集中して、その筋肉を引き伸ばして
しばらく止めておく静的ストレッチですね。

しかし、このストレッチには問題点があります。それは、
  筋肉は伸ばされすぎると、
  切れないように、伸張反射という防御機能が働き、
  逆に縮んで硬くなります。

例えば、
走る前のよくあるアキレス腱伸ばしのストレッチがありますよね。

あれは、かえってアキレス腱(ふくらはぎ付近)が硬くなり、
下手をすると腱断裂や筋断裂の可能性があります。

また、痛いのを我慢してして行うストレッチももってのほかで、
痛いのは、その人にとってその筋肉の伸張限界値で
それ以上は、筋肉の損傷を引き起こす可能性があるので
やめておいたほうがいいでしょう。

伸張反射がおきないように、
ゆっくり静かにストレッチする方法もありますが、
逆に筋肉の特質である収縮運動ができにくくなり、
力の入りにくい筋肉になってしまうので、逆効果です。

(2)指圧・マッサージ

指圧・マッサージは、硬くなっている筋肉を柔らかくしようとしますが、
これも、筋肉を伸ばしてゆるめているので、筋肉のストレッチと考えられます。

これは適度に行う分には効果がでるでしょうが、
やりすぎると、筋繊維を損傷し、
かえって筋肉を痛めることになる可能性があります。

マッサージ後の揉み返しと呼ばれるものは、
かえって筋肉を痛めたことで起こっていることがあります。

(3)収縮させてリラックス

筋肉は力を入れてしばらく収縮させて、その後一気に脱力させると緩む
という性質があります。
それを利用した方法です。

たとえば、
肩をグッとすくめておいて、5から6秒止めておき、
その後脱力して、ストンと落とす方法です。

これは、もともと力が抜けいていなくて
筋肉が硬くなっているので、
脱力がうまくできない可能性があります。
また、力を入れて収縮させるときに、
筋肉を痛めていると、痛みが出る可能性があります。

2.従来のストレッチでからだが硬くなる実験

からだの柔軟性を増そうとして行われるストレッチですが、
「ストレッチでかえってからだが硬くなる」としたら、びっくりしますよね。

でも、実際にそういう現象がおきます。

(1)体感実験その1 腕のストレッチ

・体の前で腕をクロスさせて肩や上腕を伸ばすストレッチ
をやってみてください。
・そのあとに、腕を回してみてください。
・ストレッチ前より、腕や肩が重く回しにくくなっていませんか?

(2)体感実験その2 アキレス腱のストレッチ


・アキレス腱伸ばしを行う。
・そのあとに、歩いてみると足が重く感じませんか?

体感実験その3 膝裏のストレッチ

・膝裏(ハムストリング)のストレッチを行う。
・そのあとに、歩いてみると足が重く感じませんか?

一生懸命、筋肉や腱を伸ばしても、実は逆にからだが重くなったり、
動かしにくくなったり、硬くなったりするのが実感できたと思います。

では、なぜそういう現象が起きるのでしょうか?

3.従来のストレッチでからだが硬くなる理由

手や足のストレッチをすると、その部位の筋肉も逆に収縮したり、
伸びすぎて力が出なくなったりします。
さらに、からだ全体の筋肉は、筋膜という膜で全体がつながっていますから、
手足という、からだにとっての末端部を部分的に引き延ばすと、
対角にある部位が縮んで筋膜が歪み、からだ全体の筋肉のバランスが崩れてしまいます。

従って、手や足は無理にストレッチをするべきではないと思います。
そのかわり、体幹部の筋肉のストレッチであれば、
からだ全体の筋肉のバランスは崩れにくく効果的です。

従来のストレッチは、手足を使うと手や足の方だけが伸びて
体幹部がうまく伸びないという問題点があります。

4.効果的なストレッチとは

手足という末端部の動きを制御しながら、体幹部を効率よくストレッチする
画期的な方法があります。

それが、松村卓先生という方が考案された「骨ストレッチ」という方法があります。

骨ストレッチの詳細は、別の記事で紹介していきたいと思います。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク