人のこころを動かす、大切なものとは何か?

突然ですが、考えてみてください。

「使い方ひとつで、ナイフにも爆弾にもなって、包帯にも接着剤にもなるもの、なーんだ?」

え~、ナイフにも爆弾にも・・ 何か武器かな・・

でも、包帯にもなる? 武器じゃないよね。

接着剤にもなる? ますますわからなくなった・・

降参です。

答えは?

「言葉」でした。

あ、なるほど。
とっても納得させられました。

これは、直木賞作家の朱川湊人さんが、「日経新聞」のコラムに書いていたものです。

引用
本当に言葉というものは、不思議なものだ。
使い方一つで、人の心を傷つけたり木っ端みじんにすることもできるし、
逆に落ち込んだ人を慰めることも、知らない人同士を仲良くさせることもできる。
こんな便利なものは、きっと他にないだろう。

人のこころを動かす、大切なもの、それは「言葉」

こんなに身近なものですが、ものすごい威力を持っています。

折しも先日観た、映画「メッセージ」で、

異星人が地球人に「武器を与える」

とメッセージを発したのですが、

その武器とは何だったのかということです。

※「メッセージ」を見ていない人にはネタバレになるので注意です

その武器とは、

やはり「言葉」だったんです。

武器を与えるというメッセージにあわてて、中国が異星人を攻撃しようとしたのですが、

中国の指導者の攻撃命令を止めたのが、ある言葉だったんです。

このところ立て続けに、「言葉の重要性」を認識させられています。

私たちの診療所では、毎日患者さんと会話していますが、

ちょっとした一言で、患者さんが元気になったり、
逆に傷つけてしまったりすることがあるので、
とても気を使っています。

気遣いや励ましのことばで、
「この診療所に来て良かった」って言われるのが、とてもうれしいです。

難しい病気、なかなか治らない症状、
どんな治療も効果がなくて、
私たちの治療方法でもあまり役立てないことがありますが、

少なくても、

「言葉」で元気づけたり、笑顔になってもらうことはできます。

もっと、「言葉」について勉強しないといけないなと
思っている今日この頃です。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク