アメリカの長期滞在の場合のスマホはどうするか?

アメリカに短期の旅行や一ヶ月以内の滞在であれば、レンタルWiFiでいいと思いますが、一か月以上、半年とか一年となると、レンタルWiFiでは超割高で、適しません。

今回、アメリカに留学することになり、スマホをどうしたか、説明します。

日本で使っているスマホ、アメリカで使えればいいのですが、そのスマホによっていろいろ条件があります。

ソフトバンクユーザーであれば、「アメリカ放題」というサービスがあるのでそれを使うのが一番いいでしょう。

ほかのキャリアの場合は、SIMフリーになっていないと、アメリカでは使えません。
SIMフリーにするには自分ではできないので、店頭でやってもらう必要があります。

または、SIMフリーのスマホを購入するかです。

SIMフリーのスマホが用意できたら、アメリカ仕様のSIMカードを入れれば使えるわけですが、現地でSIMカードを調達するとなると、初めてのことでどうしたらいいのか不安です。

そこで、日本でもアメリカのSIMカードが購入できる会社があります。

それが、HanaCell(ハナセル)です。
月々$9.99から利用できるとてもお得なシステムです。

私はドコモのスマホをSImロック解除してもらって、
ハナセルからアメリカSIMを取り寄せて、
あとは現地でSImカードを挿入、設定すればOKと思っていました。

と、ところがです。

明日アメリカに出発するという直前になって、

アメリカのSImカードを入れても使えないことが発覚!

どういうこと?

アメリカのスマホに使われている電波と、
日本で購入したスマホが使っている電波が違うことがわかったのでした。

出発直前ですよ。わかったのが

どうしよう・・・

現地でSImカードを購入すればいいのだろうけど、
トラブったときや、何かわからないときの英語での交渉は無理。

日本でSimカードがハナセルのシステムはよかったのにな~

とそのとき、ハナセルでアメリカで使えるスマホを販売していることがわかりました。

しかも、2万円弱と格安。

性能もまあまあ。

しかもしかも、アメリカに最初に滞在するホテルに送ってくれるという。

いやー助かった。

◎まとめ

日本で使っているスマホを、長期にアメリカで使う場合には、SImロックを解除してもらってSImフリーにしておかないといけない。

そして、アメリカのSImカードを挿入すればいいのだが、
アメリカのSImカードが日本でも買えるハナセルのサービスがいいと思う。

しかし、スマホによっては、SIMフリーにしても、アメリカと使っている電波帯が違うと使えないので、要注意だ。

アメリカの電波帯と違う電波帯のスマホを持ってる場合は、アメリカで使えるスマホを
新たに購入するしかない。

iphoneは、simフリーにすればアメリカでSIMカードを入れれば使えるけれど、
アンドロイドは、機種による。

ドコモのスマホはほとんどアメリカでは使えないようだ。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク