じゃがいもの植え付けの種芋の扱い、切り口に灰は塗るか?その理由は?

60歳過ぎのおっさんです。
野菜作りは初心者ですが、
数年前から、農家の指導を受けて、野菜の栽培をしています。

じゃがいもの種芋を植え付けるときに、半分に切って、切り口に灰を塗りますが、
これは必要なことなのでしょうか。また、その理由は。

農家のプロに聞きましたので、説明します。




■種芋の切り口の処理

種芋の切り口には、灰を塗ることをやります。

これはなぜかというと

切ったままだと、切り口が濡れていて
切り口から雑菌が侵入しやすくなったり、腐るのを防ぐためです。

必ずやらないと、腐って発芽しないかというと
100%だめということはないですが、
やっておいた方がベターということでしょうね。

灰がない場合、数時間乾かすというのでもいいと思います。

灰は新聞紙や枯れ草を燃やして簡単に作れますので、その灰でいいと思います。

よく指導書には、

種芋を切って、日陰の涼しいところで陰干し。
切り口にカルス(治癒組織)ができるまで2〜3日おきます。

とありますが、時間がかかるので、
種芋切って、灰をまぶして、植え付けをする。

でいいと思います。

私の畑の場合、この方法で、今まで種芋が腐ったことはありません。

ただ、畑の環境によっては、日陰干しをした方がいい場合もあるのかもしれませんが・・

■種芋の切り方

種芋の切り方にも、ポイントがあるので説明します。

玉子大くらいの普通サイズの種芋は、半分に切ります。

どうして半分に切るかというと、
丸ごとだと、1つの種芋から芽がたくさん出過ぎて、密集してしまうからです。
間引きの意味があります。

なので大きい種芋は四等分したりします。

また種芋を切る場合、育ちを良くするために、切る場所があります。

それは、種芋に茎が付いていたときのへこみと、
その反対側に芽が出ているところを結んだ線を切ります。

この芽がでているところが、一番発芽エネルギーが強いので、
そこで切ることで、切ったあとの種芋両方に、発芽エネルギーを分配する
ということですね。

■まとめ

じゃがいもの種芋の切り口には、腐敗防止のために、灰をまぶして
植え付けをしたほうがいいと思います。

灰を使わないで、日陰干しでもいいですが。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク