「新型コロナ」日本の今後の感染者予測!第二波第三波は来る? 

スポンサーリンク

日本の新型コロナの感染者数や死亡者数は、世界の他の国々と比べると非常に少ないですが、今後新型コロナの「第二波」「第三波」が不安です。そこで、専門家の研究論文を根拠として、今まで日本で感染者数が少なかった理由と今後の日本の感染者予測をたててみました。

スポンサーリンク

日本で感染者数が少なかった理由

日本の新型コロナ対策は
決して高く評価されてはいませんが、
「感染者・死者数」が欧米諸国と比べて
圧倒的に少なく抑え込まれていて「謎」です。

その理由がいろいろ言われていますが

・「BCGワクチン」が感染後の重症化を防いでいる?

・国民皆保険による医療アクセスの良さ?

・「家の中で靴を脱ぐ」「手洗いを頻繁に行う」「毎日入浴する」という
 日本人の生活習慣が良かった?

・欧米のような「命令」も「罰則」やロックダウンがなくても
 日本社会独特の「同調圧力」が
 緩い「外出自粛」と「休業要請」程度でも
 国民がきっちりと自衛した。

 などのことが言われていますが、
 科学的データによる裏付けがとれているものではないので、
 何とも言えないですね。

 そこで、かなり納得できる医学的裏付けのある新説が発表されていますので、
紹介します。

それは、上久保誠人教授(立命館大学政策科学部教授)と
高橋淳教授(吉備国際大学)の研究結果です。

詳しくは次の記事を参照されてください。

日本で感染者数が少なかった理由(新説)

新型コロナウイルスには「S型」「K型」「G型」の最低3つの型

研究結果によるとまず
2019年12月に中国・武漢市で発生した
新型コロナウイルスには
「S型」「K型」「G型」の最低3つの型が発見されてます。

「S型」は、無症候性が多い弱毒ウイルスで、
昨年12月頃流行した型です。

「K型」はS型から変異したもので
無症候性~軽症のウイルス。
1月中旬頃流行した型です。
この頃、のど痛や微熱や痰がからむなどの症状が出てた人は
知らない間にこの新型コロナK型に感染していた可能性があります。

「G型」は武漢でさらに変異したもので、
  重度の肺炎を起こすため 1月23日に武漢は閉鎖されました。
 「G型」はその後、まずイタリアに広がり、
  その後欧州全体と米国で大流行しています。

この新型コロナの違いは、感覚的に何となくわかりましたよね。
初期のころの新型コロナの感染状況や症状と、
欧米で流行している新型コロナの感染状況や症状は違うのがわかります。
欧米の新型コロナの方が強力なイメージです。

「G型」は日本にも到来してるようですが、
欧米のような強烈な感染状態や症状はでていません。
なぜか死亡者数が欧米諸国より2桁も少ないレベルにとどまっています。

日本では新型コロナ「S型」「K型」の集団免疫ができていた

なぜ、新型コロナ「G型」ウイルスによる
日本の死亡者数は欧米と比べて少なかったのか?
という理由ですが、

上久保教授らの研究によると、
日本政府が3月9日まで
入国制限の対象地域を「武漢のある湖北省」に限っていた。

ということです。
日本は2月1日から
「湖北省に滞在していた外国人らの入国拒否」を始めました。

そのころアメリカやシンガポール、オーストラリアなどは
中国全土からの入国を拒否していたので
甘いのでは!との批判もありました。

その間湖北省以外から中国人は来日していたわけです。

2019年11月から2020年2月28日の間には
中国から日本への入国人数は、184万人と推定され

特に武漢からは入国拒否のアナウンスの前に
武漢から成田への直通便で9000人も日本に入国した
という武漢市長の報告があります。

その結果、新型コロナのS型とK型は
日本への入り込んでいたわけです。

そして、多くの日本人の間に
知らない間に
S型・K型の集団免疫が成立していたということ。

この新型コロナK型の免疫は
G型への感染を防ぐので、
その後G型の新型コロナが日本に入ってきても
感染者や死亡者が少なかった。
という説明です。

日本と同じく中国人の大量流入があった
韓国や台湾、香港、シンガポールなどでも
同様の集団免疫獲得があって
死亡者が少なくなったとのこと。

つまり日本では、
大規模な入国制限やPCR検査を行わなかったことで、
S型、K型の新型コロナウィルスが知らない間に
広がっていてすでに集団免疫ができていて
そのあと重症化をおこすG型が入ってきても
感染者や死亡者が少なく抑えられた
ということです。

日本の生ぬるい対応が
新型コロナの場合逆に功を奏した
ということでしょうか。

S型の免疫はかえってG型で重症化を引き起こす

米国やイタリアなど欧米諸国は、
2月1日から中国からの渡航を全面的に禁止しています。

これによって欧米では
K型の新型コロナの流入が大きく制限されます。

2月1日以前には
S型の新型コロナは欧米にも広がっていたはずです。

S型への抗体は欧米でもできていたはずですが、
S型はには
「抗体依存性感染増強(ADE)という効果がありました。

ADEとは以前感染したウイルスでできた免疫が、
次に感染したウイルスの重症化を引き起こす現象です。

K型の免疫ではG型の感染を抑えますが、
S型の免疫ではかえってG型の感染の重症化を引き起こす
ということです。

これは同じコロナウイルスのSARSでも起こった現象のようです。

G型に感染した場合に致死率が上がるのは、
S型に感染した履歴があることを研究で明らかにしています。

S型の免疫があって
ADEが起こるとウイルスの増殖が盛んなって
ウイルス排泄量が増えて
いわゆる「スーパースプレッダー」になります。

さらに、大量に増えたウイルスに対して
過剰な免疫反応が起こって、
重症化を引き起こします。

欧米では、S型の抗体によるADE反応と
K型による抗体ができなかったために
G型感染の重症化が起こって致死率が上がっている
と考えられるということです。

日本の今後の新型コロナ感染予測

日本では欧米に比べ新型コロナの感染が大きく抑えられていますが、
この後第二波、第三波が心配ですね。

上久保教授らの研究によると
日本では
新型コロナK型に感染して免疫を持っている人が約54%
新型コロナG型に感染して免疫を持っている人が約30%
とのことで、
合わせて84%。

60%以上あれば集団免疫が確立されると言われているので
84%あれば第二波も起きずに済むのでは
と予測されています。

また
日本の場合、夏でもマスクを着けるのが当たり前になってますし、
店の入り口ではアルコール消毒
人と人では適度な距離をとり、
自宅に帰れば手洗い・うがい
非常に真面目に感染症対策をやっている国民なので、
そのことも第二波がきて大流行ということには
ならないのではないでしょうか。

インフルエンザでは、
例年1200万人罹患してましたが、
新型コロナでの感染症対策の効果で
今シーズンは6割も罹患者が減りました。

まとめ

新型コロナはS型・K型・G型の3種類があり、日本ではS型・K型がすでに
蔓延してしてその免疫を持っている人が約54%してそのために重症化するG型の
新型コロナの感染者や死亡者が抑えられたとの研究があります。日本ではG型にも
免疫をもっている人が30%いるので、合わせると十分な集団免疫ができているので、
今後の第二波は抑えられるのではないかという予測です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました