「コロナうつ」の原因と改善方法を解説!

スポンサーリンク

新型コロナの感染予防で自宅待機や自粛生活が続いて、そのストレスからうつになっているひとは少なくないと思います。
コロナうつになる原因がわかるとその改善もしやすいと思います。
今回は、コロナうつの原因と自分でできる改善方法を解説します。

スポンサーリンク

コロナうつになる原因は?

うつは心の病気だと思いがちですが、
実は、脳の病気だということが最近わかってきています。

うつになるきっかけはストレスが大きいです。

今回のコロナうつは、自宅待機・自粛生活がストレスになりました。

そのストレスで、脳内ホルモンの分泌が悪くなってきますが、
そのために、
うつを発症すると考えられています。

うつに関係する脳内ホルモンは主に次の3つです。

・セロトニン
・ノルアドレナリン
・ドーパミン

セロトニンは、不安や緊張やイライラを抑えるホルモン

ノルアドレナリンは、意欲や興味ややる気を出させるホルモン

ドーパミンは、楽しさや快感を感じ、集中力や意欲を高めるホルモン

これら3つのホルモンは、
やる気や元気を出したり、
集中したり、落ち着かせたり
楽しさや快感を感じるのに必要なホルモンです。

新型コロナがなかったときは、
自宅で過ごすのは、リラックスできて、ストレス解消になってましたが、

新型コロナ感染予防での自宅待機・自粛生活だと、
自分の意思に関係なく、自宅待機、自粛を強制されている状態なので、
逆にストレスがたまります。

ストレスがたまると、
この3つの脳内ホルモンの分泌が悪くなり、
うつ症状がでてきます。

コロナうつはどんな症状がでるの?

からだを元気にしてやる気を出させていた脳内ホルモンの分泌が悪くなると
次のような症状がでてきます。

・食欲不振、逆に過食になる。

・不眠、寝つきが悪い、夜間覚醒

・疲労感

・やる気がでない

・物事を楽しめない

・何にも興味をもてない

・集中できない

・落ち着かない

・自分はダメな人間だと思い、死んだ方がましだと思ってしまう

などのうつ症状がでてきます。

コロナうつの改善方法のポイント

コロナうつは、ストレスによって
セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミンの
分泌が悪くなっていますが、

これらのホルモンの分泌の改善には次のことがいいです。

◎日光浴

 日光浴はセロトニンやドーパミンを増やします。
 暑く時期、窓越しでも、日光の光をあびるだけでもいいです。

◎リズミカルな運動

 リズミカルな運動(散歩やウォーキングや体操、ストレッチなど)
 はセロトニンの分泌を増やします。

◎気持ちよいことをする

 楽しさや快感を感じると、セロトニンやドーパミンは増えるので、
 これは自分の楽しめることを何でもいいので積極的に行うといいです。
 ・美味しい物を食べる
 ・気のあう友人と話す
 ・好きな音楽を聴く
 ・好きな写真とか絵を見る
など

◎セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミンの原料はアミノ酸なので、
 アミノ酸を含む、肉・魚・乳製品・大豆製品・ナッツ類などを
 よく食べるといいです。

コロナうつは、自粛生活によって、
・日に当たることが少なくなった、
・運動量が減った、
・食事バランスが悪くなった
などが原因で、脳内ホルモンの分泌が悪くなって
うつになった可能性もあります。

コロナうつ改善方法、できることから始めてください。

まとめ

コロナうつは、自粛生活のストレスで脳内ホルモン(セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミン)の分泌が悪くなったことで発症しています。コロナうつの改善には、
これらの脳内ホルモンの分泌を良くする、食べ物・日光浴・適度な運動・気持ち良いことをするなどのことを行うことで、コロナうつは解消できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました