新型コロナウイルスの消毒にアルコールが無い場合、代用になるもの!

病気の予防や治療
スポンサーリンク

新型コロナウィルスの感染不安の日々です。
治療薬がないので、よく言われている
手洗い・マスク・アルコール消毒や人の集まるところに近づかない
くらいしか対応方法がありません。

マスクや消毒用アルコールは現在、品薄で手に入りにくいので、
困っている人も多いと思います。

そこで、消毒用アルコールの代用になるものは、
一般家庭にあるものなので、紹介します。

スポンサーリンク

消毒用アルコールの代用品は?

消毒用アルコールの代用品は次のものです。

◎界面活性剤

界面活性剤というと難しいですが、
身近な、

「石けん」

「シャンプー」

「中性洗剤」

「洗濯洗剤」

などに含まれます。

なので、
・石けんでよく手を洗う。

・石けんでよく手を洗う

・石けんで体を洗ったり、シャンプーで洗髪

・中性洗剤でよくさわるようなところをふく。

・洗濯洗剤でウィルスがついてるかもしれない服を洗う。

などのことは、新型コロナウィルスの消毒に有効です。
物理的にも、ウィルスを洗い流しているということもあります。

◎次亜塩素酸ナトリウム

これも難しいことばですが、
身近な家庭用の

塩素系漂白剤

に含まれている成分です。

漂白剤は手やからだには使えませんが、物の消毒につかえます。

<漂白剤での消毒液の作り方>

・500mlのペットボトルに水を入れて
・500mlのペットボトルのキャップ一杯分の漂白剤を入れ
・よく混ぜます。

(注意点)
刺激臭があるので、換気のよいところで、手袋を使ってください。

この消毒液でぞうきん等と使って、よくさわるところを
ふき掃除します。

(注意点)
金属は腐食する可能性があるので、金属部分をふいた場合は、
そのあとに水拭きをしてください。

消毒用アルコールがなくても、
家庭の石けんや中性洗剤など、漂白剤で消毒ができるので、
大丈夫です。

なぜ、
界面活性剤や漂白剤が新型コロナウィルスの消毒に有効なのか?
ですが・・・

界面活性剤や漂白剤が新型コロナウィルスの消毒に有効な理由

ウィルスには、ウィルスの外側に
エンベロープという膜を持ったエンベロープ型ウィルスと、

膜を持たないノンエンベロープ型ウィルスがあります。

エンベロープタイプのウィルスには、

・インフルエンザウイルス
・ヘルペスウィルス
・SARS(サーズ)
・MARS(マーズ)
などがあります。

アルコールや界面活性剤、漂白剤は、
このエンベロープタイプのウィルスの
エンベロープ膜を破壊する作用があります。

「新型コロナウィルスは、エンベロープタイプのウィルス」なので、
アルコールや界面活性剤、漂白剤が消毒として有効です。

まとめ

新型コロナウィルスで、消毒用アルコールが無い場合、
・界面活性剤が入ってる「石けん」や「中性洗剤」など
・次亜塩素酸ナトリウムが入っている「塩素系漂白剤」
が代用できます。

部屋の中の最近・ウイルスの除菌に次のような商品もでています。

もともと大幸薬品の「クレベリン」というウィルス除菌商品に
ファンをつけて、効率化をはかった商品です。

この商品も、今の状況で結構売れているようです。

DOSHISHA(ドウシシャ)CLGU-061 IV アイボリークレベリンLED搭載 除菌・消臭器 ポットタイプ【あす楽対応_関東】【送料無料】

価格:9,580円
(2020/3/4 14:29時点)
感想(0件)

DOSHISHA(ドウシシャ)CLGU-062 BK ブラッククレベリンLED搭載 除菌・消臭器 スクエアタイプ【あす楽対応_関東】【送料無料】

価格:9,580円
(2020/3/4 15:04時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました