新型コロナウィルスにマスクの効果は?効果を上げる正しい付け方は!

病気の予防や治療
スポンサーリンク

新型コロナウィルスの感染予防に、マスクが推奨されていますが、感染予防に
どの程度効果があるのか疑問に思うところです。

また、感染予防効果を上げるには、ただしいマスクの装着方法があります。
せっかくマスクをつけても、正しく装着しないと効果がないので、
その方法も解説します。

スポンサーリンク

新型コロナウィルスへのマスクの効果

マスクをしていれば、
新型コロナウィルスへの感染を防げると思っている人もいると思いますが、

新型コロナウィルスの大きさは、マスクの穴の大きさより
かなり小さいので(下図)、進入を防ぐことはできません。

ただしマスクの効果として、次のようなことはあります。

◎手に付いたウイルスのついた手で直接、口や鼻を触らせない。

◎保湿効果があるので、のどや鼻の粘膜の働きをよくして、
 粘膜からのウィルスの侵入を防ぐ。

◎人からのウィルスを含んだ咳ややくしゃみの飛沫感染を
 ある程度防ぐ。

◎自分が感染した場合、咳やくしゃみでのウィルスの拡散を減らす。

なので、マスクをしないよりは、感染のリスクを減らせますが、
完全ではありません。

現在、マスクが手に入りにくい状況です。

マスクがなければ、
タオルやハンカチで口や鼻を覆うのも、有効なわけ
です。

どうしてもマスクでなければいけない理由はありません。

また、一般のマスクが品切れだけれど、濡れマスクはまだ売っていたりします。

濡れマスクは、新型コロナウィルスにどうなの?

って疑問をもつと思います。
そのへんを次にまとめました。

濡れマスクは普通のマスクと効果は違うのか

「濡れマスク」は
マスクに付いているポケットに濡れたフィルターを入れて使うものです。

目的としては、濡れたフィルターで乾いたのどを潤すためです。
夜間とか新幹線や飛行機の長距離移動で喉を保湿したい時などに使う事が多いです。

一般的マスクは書いたとおり、
ウィルスの侵入を防げるわけではなく、
飛沫感染から少しでも感染をふさいだり、
自分からの飛沫感染を少しでも防ぐ目的です。

なので、
濡れマスクでも(ウィルスの侵入は防げませんが)
一般のマスクと同じよう効果は期待できます。

◎濡れマスクの方が保湿能力が高いので、
より鼻・のど粘膜を保護して、働きをよくするので、
ウィルス感染予防効果は上がるのではないか
と思います。

※ガーゼマスクは、一般の不織布マスクよりはフィルター機能は落ちるかも
 しれませんが、不織布マスクでもウィルスは完全に防げないことを考えれば、
 ガーゼマスクでも使った方がいいということですね。

 ガーゼマスクの方が、保湿能力は高いと思います。

マスクの正しい付け方

マスクで感染を完全に防げるわけではありませんが、
マスクの付け方が悪いと、
マスクをしている意味がなくなってしますので注意が必要です。

ポイントは、

鼻からアゴの下まで、完全にマスクで覆う

②ワイヤー入りのマスクでは、ワイヤーを鼻の形にぴったり合わせる

マスクのひだひだは、下向きになるように
 マスクの表裏を間違えると、ひだひだが上向きになり、
 そこにほこりや花粉や細菌、ウィルスなどがたまりやすくなります。

そのほかの注意点

◎マスクを外すときは、ウイルスが付いているかもしれない
 マスクの外側はさわらないように!
 ひもの部分をもってはずすように!

◎一度はずしたマスクはできれば、使わない方がいい。
 はずしている間に、マスクの内側にウィルスが付着する可能性があります。

◎マスクは、できれは、1日に何回か交換した方がより効果的です。

マスク品薄の現在どうすればいいか?

・ガーゼマスクだったら、洗って再利用できるので、ガーゼマスクを利用する。

・マスクがなければ、タオルやハンカチで鼻や口を塞ぐ。
 タオルやハンカチを1日何回か交換して、洗ってまた使う。

・マスクの内部のシートだけ交換して繰り返して使えるように、
 交換シートが発売になるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました