新型コロナウィルス(新型肺炎)の妊婦さんへの影響と対策はあるの?

病気の予防や治療
スポンサーリンク

拡大が止まらない新型コロナウィルスの感染者と死亡者です。
 多くは高齢の方がなくなっているようですが、妊婦が感染したらどうなるのか、
胎児への影響は?とても心配になるところです。

 日本産婦人科感染症学会が妊娠中の人や、妊娠を希望する人に
新型コロナウイルスに関する情報を載せているのでまとめます。

スポンサーリンク

現時点で妊婦への感染の報告はあるのか?

新型コロナウィルスは、乳幼児や妊婦にも感染例はあるようですが、
感染者の最も多い中国湖北省でも、現時点では、妊婦さんの重症化例や
胎児に障害がでている報告はないようです。

 でも、妊娠中は注意すべきことあります。

妊婦さんが重症化する可能性

妊娠中は、胎児の成長とともに横隔膜が持ち上げられ、肺がうっ血しやすいので
肺炎を起こしやすくなります。
一般的な肺炎も気をつけないといけませんが、新型コロナウィルスは肺をやられるので、
妊娠中は肺炎による重症化は起こる可能性はあると思います。

妊娠中はウイルスへの抵抗力が弱くなるので、感染しやすくなったり、
重症化しやすくなることが心配されます。

●母胎が肺炎のような炎症を起こすことで、胎児の体調が悪くなることも考えられます。

妊娠中に新型コロナウィルスで肺炎を起こした場合の薬はあるのか?

新型コロナウイルスの特効薬はまだありませんが、もし妊娠中に感染して
肺炎を起こした場合、対症療法として、妊婦さんが使える薬は何種類があるようです。

妊婦さんは感染しないように十分注意を

今のところ、妊婦さんの重症例は報告されていないようですが、
妊娠中は免疫力が低下、肺がうっ血して肺炎を起こしやすい状態なので、
感染しないことが最重要。

感染予防の手洗い・マスク・アルコール消毒
体力や免疫力を低下させない生活を心がけてください。

ただ、
自分の家族が中国から最近帰国したとか、
中国のお客さんが多い施設や医療機関で働いているような人でなければ、
新型コロナウィルスの感染に過度に心配することはないと思います。

しかし、中国人とかかわりがあり、発熱、咳等の症状があれば、
すぐに病院の受診をお勧めします。

さらに、妊婦さんは新型コロナウィルス感染以外でも、
インフルエンザや風疹などの感染にも十分な注意が必要です。

妊婦さんは風疹感染にも注意が必要

風疹もウィルスによる飛沫感染です。

妊娠初期の妊婦さんが感染すると、胎児に障害がでることがあります。
妊娠1ヶ月でかかった場合50%以上、
妊娠2ヶ月の場合は35%などとされています。

妊娠中は風疹の予防接種は受けられないので、
風疹の予防接種を受けていない妊婦さんは感染に十分注意する必要があります。

風疹が発生している地域では、できるかぎり外出しない、
やむを得ず外出する場合は、人混みを避けるなどの対応が必要です。

妊婦さんのまわりにいる、ご主人やご家族も風疹にかからないよう
十分な注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました