新型コロナウィルス(新型肺炎)で亡くなった人の特徴は何か?

病気の予防や治療
スポンサーリンク

2月になって、新型のコロナウイルスに感染した人は、
中国では1万人を超え、死亡者は259人に達しています。

日本でも感染者が20人を超えて、今後の感染の拡大が心配です。

中国で1月まで亡くなった213人のうち、年齢や性別がわかる54人分のデータを
朝日新聞がまとめたものがありますので、参考に載せます。

スポンサーリンク

新型肺炎で亡くなった54人の特徴

●平均年齢は70歳

●65歳以上が42人(約8割)

●最年少は、31歳の女性

●最高齢は、89歳の男性2人

◎65歳以上の高齢者が
 感染により重症化して死亡にいたるケースが多い。

・これは、高齢になって、体力や免疫力が低下しているため、
 重症化して死に至るのではと考えられます。

 ➡これから日本での感染が広がった場合、
  特に高齢者は十分に注意する必要があります。

  すでに持病を持っていて、体力や免疫力が低下している人も注意が必要です。

感染している年齢層は?

新型コロナウィルスによる死亡者は高齢者に多いですが、
感染自体は、年齢は関係ないようです。

中国の専門家グループによる発表によると

感染者は

●40歳以上が7割強

●40歳未満が3割弱

●乳幼児の感染も報告されてる

中国での致死率は?

1月末現在

●中国全体での致死率は2.2%

●感染源の武漢市内の致死率は6.0%

今のところ、世界全体で9.6%が亡くなった
SARSよりは低い数字ですが・・・

通常のインフルエンザの致死率は
日本国内では、0.1パーセントぐらいなので、
それに比べると20倍以上の致死率なので、
心配は心配です。

自分でできる感染予防と対策は?

感染予防のためには
新型コロナウィルスは今のところ飛沫感染なので、

◎濃厚感染を避ける

 濃厚感染とは、感染が疑われる人のそば2メートル以内に30分
と言われています。
 特に密閉空間が感染率が高くなります。

 ・電車・バス等の公共の乗り物
 ・映画・劇場・コンサートホール

 等は十分注意する必要があります。

◎マスク・手洗い・アルコール消毒

 マスクは、感染者の咳やくしゃみで飛び散る
ウイルスを含んだ唾液をある程度は防ぐことはできます。

 でも目はふさいでいないので、目から感染する心配はあります。
なので、「眼鏡」もかけておいた方がいいかもしれません。

 またマスクは、ウイルスがついているかもしれない自分の手で
自分の口や鼻を直接さわらないためにも役立っていると思います。

 手洗いは、指と指の間もていねいに洗う必要があります。
手首の方までも洗う必要があります。
 外出時は、手にウイルスが付着するのを防ぐため、手袋をつけていた方が
いいかもしれません。

 アルコール消毒は、携帯用のスプレーやジェルもあるので、 持ち歩いていると
いいと思います。

◎体力・免疫力を高めておく!

 新型コロナウィルスで亡くなっているのは、
体力や免疫力が低下している高齢者が多いので、
日頃体力や免疫力を高めておけば、
重症化するのを予防することができる
と思います。

次の記事も参考にされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました