自転車、ママチャリでも、坂道を楽に登るコツ、秘訣

自転車で坂道を登るのは、疲れますね。
ギア付きの自転車でも、こぐ回数が増えるので疲れます。

今回、色々試してみて、
ママチャリでも比較的楽に坂道を登る秘訣がわかりましたので、
公開したいと思います。

ふつう、自転車をこぐとき、
太ももの前面を使ってペダルを押し下げるので、
坂道では、あたりまえですが、太ももによけいに負担がかかるので、
どんどん太ももが疲れてきて、
力を入れられなくなって、こげなくなって、
ついに、自転車を降りて自転車を引くはめになります。

なので、

できるだけ太ももの筋肉を使わないこぎ方にすればいいわけです。

では、どうするかというと・・

■自転車で、坂道を楽に登る秘訣

①体を前傾させる
 
 おしりの上に体重が乗った姿勢だと、
 どうしても、太ももでこぐようになるので、
 からだを前傾させて、
 体重がおしりにかかるのを減らすようにしてください。

 また、おしりに体重がのった姿勢は、
 股関節の動きが悪くなるので、
 股関節の動きを良くするためにも、
 からだを前傾させて、おしりに体重がかかるのを減らしてください。

②あごを上げる
 
 あごを引いていると、からだが緊張して、
 からだの動き、足の動きが悪くなるので、
 首に力が入らないくらいに、あごを上げてください。

③おしりでこぐ
 
 これが、一番大事です。
 おしりの股関節部分を意識して、
 おしりの筋肉で自転車をこぐような感じにしてみてください。
 おしりの筋肉だと、疲れにくく、力強くこげますよ。

④太ももの筋肉はできるだけ脱力

 坂道を登るときには、太ももの筋肉が一番疲れていたので
 疲れないように太ももの筋肉はできるだけ脱力です。
 他にも、おしりの筋肉以外は、疲れないように
 できるだけ脱力です。

 以上、是非試してみてください。
 このこぎ方は、もちろん平地でも有効です。
 平地だと、かなり速くこいでも、疲れにくいです。

 また、向かい風が強いときも、このこぎ方だと、
   風にまけず、疲れず、進むことができます。

                おわり

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク